【AIきりたん】映画「えんとつ町のプペル」主題歌カバー

2020年3月1日

キングコング西野さんの作られた絵本「えんとつ町のプペル」主題歌カバーをUPしました。

このイベントが告知されたのは2020年1月5日なのですが、私が知ったのは2月下旬。
かなり出遅れましたが、楽しそうなので参加しました。

耳コピしてて「???」な感じだったのですが、3拍子なのですね。最初戸惑いました。
歌詞とコードも公開されていて、ポチポチと打ち込んでいきます。
シンプルなコード進行で好きな感じです。
個人的にはスリー・コード万歳!パワーコード大好き!なので良い感じです。

とはいえ、後発のカバーなのでそのまま作っても芸無く埋没するかなと思ってリハーモナイズ
ですが、どうも私は他の型と比べるとケーデンスを聞くのが苦手みたい。
音楽を和音でとらえるより、旋律でとらえてるような気がします。
そしてコンペではありませんので、好き勝手にコード進行を変えてみました。
「隙があればクリシェ」「目を離したときにsus4」
そんな感じです(苦笑)
こういった感じが好きです。久しぶりに好きに作ったって感じですね
コンペで迷走してるので良い刺激・気分転換になりました。
私は作曲コンペ向きではないのかも。

このカバーイベントは「歌がうまいけど埋もれてる人」を発掘するといった側面もあるようです。
私は喉がよろしくなく(最近は喉をなんとかしたいと思いだしました)歌わないので、いつもの通りボカロの初音ミクで作ってました。

その時「AIきりたん」が公開(2020年2月22日)されました。
ニューラルネットワークで推定して、歌声を合成するという「The AI」みたいな歌声シンセサイザー。
せっかくなので「AIきりたん」を使ってみました。
出力するのにボカロの4~5倍の時間が掛かります……が、

凄い!ベタ打ちでほとんど人間!

コンペの仮歌はボカロNGなのですが、AIきりたんならOKなのでは!?と思えるクオリティ。
まして、仮歌で「癖が無いように歌って」とオーダーするぐらいなら、AIきりたんの方が良いのではないでしょうか。

今回のイベントにAIきりたんはちょっと違うのかな?と思いつつも、パッと歌ってくれる人がいなかったので、これでも良いかな?と。
発表しないと埋没すらできないですからね。

そして、せっかくなら人間が歌ったバージョンも聞きたいので、off vocalの音源と動画をUPしておきます。
好きに使ってください!

動画をUPする際の注意点は西野さんと同様です。
↓以下のブログで確認してください。
キンコン西野が あなたのYouTubeチャンネルを宣伝します

歌ってみた用off vocal音源

off vocal音源(mp3版)6.5MB
off vocal音源(wav版) 42MB(音が良いですがサイズが大きい)

歌ってみた用off vocal動画

「えんとつ町のプペル」主題歌カバーver.Masaki(off vocal)mp4版 220MB
※220MBとファイルサイズが巨大です。

楽しんでもらえたら嬉しいです。